HOME>コラム>声優の専門学校で基礎から学ぶ【訓練を受けよう】

声優の専門学校で基礎から学ぶ【訓練を受けよう】

女性

声優になるために必要なこと

声優は声だけでキャラクターの感情や意思を表現する仕事ですから、声質と演技力が最も重要なポイントと言えます。正しい発声のためには正しい呼吸法が必要なので、腹式呼吸をしっかりと身につけることが基礎となります。またボソボソした聞き取りにくい発音や、標準語から外れたアクセントなどは直さなければなりません。滑舌を良くするには、何度も練習を繰り返す必要があるでしょう。さらに声優の仕事は長時間に及ぶこともあるため、インナーマッスルを鍛えて疲れにくい体作りをすることも大切です。最近では声優が表に顔を出す機会も多いので、キャラクター性やトーク力といった才能も求められます。これらのうち幾つかは、専門学校で身につけることが可能です。

女性

声優の専門学校で学べることとは

プロの声優になるにはオーディションに合格する必要があり、まったくの未経験者では受験資格も与えられないでしょう。そこで専門学校か養成所に入り、受験の機会を待つのが一般的なコースになります。養成所は声優事務所に直属していますが、そもそも演技力がなければ入所することもできません。そのため演技の経験がない方は専門学校を卒業してから、改めて養成所に入る場合もあります。専門学校では発声の基礎や滑舌の訓練はもちろん、演技力を磨くための舞台稽古や歌・ダンスなどのレッスンもあり、さまざまな側面から声優の仕事にアプローチすることができます。また事務所と連携している専門学校も多く、上手にコネを作ればプロへの道が開けることもあるでしょう。